イリモノづくり

京都滋賀でデザインしてます/要るものつくろうイリモノづくり/アカペラ好き

手仕事タイルの具合を、見に行ってきました。

有馬富士公園に行ってきました。
自分たちが関わったプロジェクトがその後、どうなっているのかを確認する目的です。



そのプロジェクトというのは、「ACGプロジェクト」というものです。
公園の土を使ってタイルを作って、公園に戻して彩る、
地産地消デザインプロジェクトです。

f:id:o21mokamoto:20170608110227p:plain

通称「ありまふじお宝タイルプロジェクト」。


f:id:o21mokamoto:20160129174522j:plain



タイルや空間のデザインをさせてもらったり、
土掘りから窯焚き・施工に至るまでの、全体の作業に関われたりと、
一年弱の期間、なかなかに大変で面白いプロジェクトでした。


f:id:o21mokamoto:20160130143331j:plain


さて、タイルの施工をしてから約1年半、
無事にサツキは植えられたという話だけは耳にしましたが、
その後の様子も聞かないし、ちょうどサツキの咲く頃だったので、期待と不安を胸に、
株式会社ニートのメンバー総出(3名)で行ってきました。
意図せず全社行事となりましたね。



有馬富士公園に着くと、一気にいろんな記憶が蘇ります。
あぁ、そういえば頭からの流血もあったなぁ。
いろんな出会いもあったなぁ。
と、そんな思い出が溢れてくるのと同時に、不安の方は見事に解消され、タイルは無事に残っていたのでした。


サツキもキレイに花を咲かせていました。


白い色のタイルは、今でも良く映えています。

あえてタイルのスキマの目地は埋めなかったのですが、
期待通りに、そのスキマからいろんな植物が生えていました。
周囲と馴染んでいる姿がキレイです。

もともと、公園にあった土から生まれたタイルなので、一層よく馴染むのかもしれません。
嬉しい限りです。





植物には疎いのでわかっていないですが、
サツキの成長スピードってどんなものなんでしょうか。
植えられた姿は見ていませんが、1年近く経った今でもわりと小ぶりだったので、
よくまちで見かけるサツキのようにふっくらとした姿になるには、まだ何年もかかるかもしれません。

そうなるまで、年に一度ぐらいこうして見に来れるとよいなと思っています。



施工した後、初めて来れたので、
これでようやく気持ち的にも、プロジェクトの一区切りできた気がします。



ACGプロジェクト一覧

ACGプロジェクトに関する記事は、一覧にしています。

maili.hatenablog.com



(スポンサーリンク)




feedlyのフォローボタン

rssリーダーなどをお使いの方に向けて、
ブログを読んでいただく用として、
feedlyのフォローボタンを設定しました。


follow us in feedly

よければ登録(フォロー?)いただけると、すこぶる嬉しい限りです。
よろしくお願いします。