イリモノづくり

京都滋賀でデザインしてます/要るものつくろうイリモノづくり/アカペラ好き

裏紙ノートという、アップサイクルしていくノートをデザインしました。




【お知らせ】
※「裏紙ノート」というノートをつくりました。良ければこちらの記事も、どうぞご覧ください。→裏紙ノートという、アップサイクルしていくノートをデザインしました。

f:id:o21mokamoto:20170830184237j:plain

モノのデザインをしました。
裏紙ノート」です。


裏紙を、ノートとしてアップサイクルするものです。
アップサイクルされたノート、じゃなくて、これから使う人がアップサイクルしていくノートです。

f:id:o21mokamoto:20170830184545j:plain

ノートと言っても、書くためのページは最初はありません。ノートカバーだけの状態です。
ノートカバーだけですが、そこに自分で裏紙を挟むと、ノートになります。
裏紙をノートとして使っていくことができる、というものです。


アップサイクルされたものじゃなくて、していくもの

環境を考えることがようやく当たり前になりつつあって、世の中にはアップサイクルされたモノも多く見られるようになりました。
とても素晴らしいことだと思います。ただ、それらは作られる過程でアップサイクルされるものであり、ユーザーである私たちが購入する段階から先はこれまでのプロダクトと同じ「消費」となります。

f:id:o21mokamoto:20170830184252j:plain

裏紙ノートはアップサイクルされたもの、というわけではありません。しかし、私たちがノートとして使うためにアップサイクルしていきます。これから、捨てられる裏紙をどんどんノートに変えて使っていきます。
すぐに飽きては意味が無いので、永く使えるようにシンプルな形と構造にして、素材にも本革を使いました。使っていくうちに表情が変わっていく様子も楽しめます。


アイデアメモとしてのノート

新しく裏紙を挟めば、いつでも新しいノートのような気持ちで書き込むことができます。要らないページは外せばOKです。覚えておきたい内容は、外してファイリングしたりしても良いですね。

f:id:o21mokamoto:20170830184510j:plain

新しいノートのような気持ちで、とはいっても、使っているのは裏紙です。これまで捨ててしまっていたことを考えると、気にせずラフに色々かきこめます。
そんな裏紙ノートはアイデアメモに最適です。ラフな気持ちで書きながら新しい発想していきましょう。紙質によっては、裏紙の内容が少し透けて見えるので、そこではいろんな出会いがあり、それもまたアイデア発想のタネとなりそうです。


Webで発売しています。

裏紙ノートはただ今、Webで販売しています。
ここ数ヶ月ほど、自分でも使っていますが、使い心地はいい感じだし、裏紙を減らしていける気持ちよさもなかなか嬉しいです。

uragami-note.com

ぜひご覧いただいて、ご使用いただけるととても嬉しいです。
裏紙ノート、これからちょくちょくブログにも書いていくかと思いますが、どうぞよろしくお願いします。


f:id:o21mokamoto:20170830184209j:plain


<スポンサードリンク>