要るもの作ろう イリモノづくり

デザインの話を中心に書いています。デザインは身近に。

シルクハット手にした手品師がね、

お客様に「何を出したらいいでしょうか」って聞いて、

みなさんがうさぎと仰ったからウサギを出します。

一回は驚く。言ったとおりのものが出てくるから。

二度も三度も、ミミズを出せだの何だの言われたときに、

出して当然になってきますよ。

それに、何を出してほしいのか、

なんてすぐに凡庸化してくる。

特に、おおぜいのお客さんにたずねたらね。

それは面白くないんじゃないの?って。

手品師はやっぱり、何を出すか

お客さんの想像を超えたもので、

驚かせないといけないんで。

その方法は、ほとんど、仕事としてできることじゃなくて、

手品師自身が「客席の感覚」でいないとできないですよね。