イリモノづくり

デザインは身近に。要るもの作ろう イリモノづくり。

助成金を得ることができました。活動の幅が広がります。

京都の名所「三年坂」で取り組んでいる活動が、助成金の事業になりました。

東山区の「まちづくり支援事業助成金」が交付されます。




助成金の有無にかかわらず活動は活動は行う前提でしたが、助成金をいただけるのはとても大きい。

予算が獲得できることで、活動の幅が広がります。








具体的な活動内容

産寧坂地域の歴史などの情報が地域で語り継がれていない状態を課題と捉え,地域と大学で連携し,調査,保存する。また,観光客の方に向けて,歴史を楽しんでいただくためのパネル等を作成,設置する取組を行う。

こちらからの提案をもとに、町内会のみなさんとの協議してきました。
具体的には「歴史やいわれを伝える本」と「スゴロク」をつくることなりました。

f:id:o21mokamoto:20190708185415j:plain


どちらも三年坂に居る人たちに向けて、三年坂のこれまでについて知ってもらえるキッカケとなるようなものです。



そして、個人的には冬に「展示」もできたらいいなとも考えています。


三年坂まちなか展「3歩進んで、3歩戻る展」


そんなタイトルではありません(今書きながら思い浮かんだ)。

ぼんやりと構想をしながら、頑張っていきたいと思います。



下半期の活動内容

展示も実現した場合には、ざっくりとこんな活動内容になりそうです下半期。

  • ものづくり - 冊子をつくって配布する
  • ものづくり - スゴロクをつくりながら遊ぶ
  • ことづくり - 定期会「三年坂ヒストリア」の開催継続する
  • ことづくり - 三年坂まちなか展をひらく







-

<スポンサードリンク>