イリモノづくり

デザインは身近に。要るもの作ろう イリモノづくり。

音楽展を行ないました。 - わたしの花と、あなたのと -

f:id:o21mokamoto:20180625163154j:plain:w450

「わたしの花と、あなたのと」

というグループ展を行ないました。
音楽展です。





f:id:o21mokamoto:20180625165255j:plain
(出典:フェリエ南草津webサイト)


6/23(sat) 13:30〜17:00
場所は、フェリエ南草津の音楽室で行ないました。
滋賀県のアカペラサークル「鱧浪会(はもろうかい)」の有志メンバー、18人によるグループ展です。




音楽のチカラ

音楽というもののチカラの一つとして、「モノゴトを魅力的に演出する」というチカラがあるように思います。

たとえば、
映画で感動的なシーンに合わせた音楽。
カフェで流れている落ち着いた音楽。


音楽によって、その瞬間・空間が演出されていそうです。


魅力的にする音楽を探る

この音楽展のテーマは、
「活けられた一輪の花が目の前にあったとき、その花が魅力的に映る音楽とは?」
というものでした。


f:id:o21mokamoto:20180625172731j:plain


f:id:o21mokamoto:20180625172740j:plain


f:id:o21mokamoto:20180625172749j:plain


18人で、18通りの、花が魅力的に映る音楽が生まれました。

歌詞や、楽譜、制作過程のメモ書きなどが展示されました。








f:id:o21mokamoto:20180625173444j:plain

展示時間中、それぞれの作者から、

 ・なぜこの音楽になったのか。
 ・花を魅力的に映るようにするしくみ。
 ・制作のプロセス。

など、解説もありました。




価値観を変える

f:id:o21mokamoto:20180625174149j:plain

音楽の展示とはいっても、18種類の音楽が常に流れているわけではありません。

解説とともにライブ演奏を行ないました。



解説を受け、演奏を聴いて、花をもう一度味わいます。



「活けられた一輪の花」ですが、音楽があることで、様々な価値へと変化したようにも感じます。

自分の目を通して見ていた、自分のフィルターによる価値観が、少し変わるようなイメージです。






今回は挑戦的に行なったテーマであるため、一般的にイメージのしやすい「活けられた一輪の花」でしたが、
このテーマがたとえば「地域」であったり、
「〇〇カフェ」であったり、
「製品や商品」であったなら、
僕たちは、また違った視点で、違った価値観で、モノゴトを感じられるようにできるのかもしれません。




取り組んでいってみたい内容です。