イリモノづくり

デザインは身近に。要るもの作ろう イリモノづくり。

カッティングシートを使ってシルクスクリーン印刷をしてみました。

早くも、満開だった桜の花のスキマから若葉がのぞきだしてきました。

もっと見ていたいのにそういうわけにもいかないという、この儚さが「美しさ」でもあるんでしょうね。




さて突然のメールがあって、急きょ明日は退職した会社に行くことになりました。打ち合わせです。退職して離れた会社に行くというのは、なんともどきどきです。

何が起こるのか。どうなるだろうか。



シルクスクリーン

さて、関係ない話に変わりますが、先日はじめて自分でシルクスクリーンをしました。





カッティングプロッタがあるので、それでどうにかシルクスクリーンの版を作れないかなと思って探してみると「まさに」の内容がありました。


blog.hmp2blog.com




このサイト参考にさせていただきながら、インクとメッシュ生地以外は、手持ちのモノと100均で揃いました。



f:id:o21mokamoto:20180216135736j:plain



既存のファイルケース(フェルト製)に鱧浪会の「はもろーくん」をプリントしました。


プレゼント用だったので、もう手元にはありませんが、思ったよりキレイに印刷できて大満足。




残念ながら版は、水洗いするとカッティングシートの粘着が弱かったのか、剥がれ落ちてしまって1回きりで使えなくなってしまいましたが。


それでも、何回もするようなものでなければそこまで大変な手間も無いし、その日のうちに完成するので、大成功。






<スポンサードリンク>