要るもの作ろう イリモノづくり

デザインの話を中心に書いています。デザインは身近に。

3Dプリンタ Prusa i3が、3万円近くまで下がってきました。

3Dプリンタの価格が下がっていますね。
安いものが市場に出ることで、技術のハードルが低くなっていくのはありがたい話です。


僕は以前に、自分で組み立てる安いタイプを購入したのですが、普通に使えています。最近使う用途無いので使えてないけれど。
欲を言えば、サポート材が無いのはやっぱり後処理が大変なので、サポート材も併用できるような、ノズル2本のタイプとかがいいなぁという感じでしょうか。

maili.hatenablog.com



で、つい最近Amazon見てたら、今や3万円前後のものまで出てきてました。

ALUNAR Reprap Prusa i3

このリンクの「ALUNAR Reprap Prusa i3 3D プリンターキット DIY アクリル 未組立 FDM カラフルな3Dプリンターマシン」なんて、組立て用のビデオSDカードまで付いてるようです。
正直、組み立てはプラモデル作れる人なら大丈夫だと思うんですが、障壁はそのマニュアル。
マニュアルが付属していなくて、ネット上で探さないとダメとか(オープンソースだからネット上にある)、あっても英語だとか、色々大変です。
付属ビデオのクオリティ次第ですけれど、ビデオが付いてるとその障壁は無いも同然なので、良さそうですね。

価格は下がる一方でも無く、わりと変動しているようなので、迷っているなら、買ってもいい価格内であれば買っちゃうのがいいのかもしれません。



とはいえ、注意しないとダメなのは、製造元がどこの国かわかりませんが、低価格な分だけ人件費が抑えられているはずなので、品質はやっぱり安心できません。
僕の買ったものもメインの支柱が曲がっていたり、部品が入らなくて削ったりしたし。



3Dモデルを作るソフトウェアもずいぶん使いやすく・とっかかりやすくなってきたので(fusion360とか)、明確に使う用途が決まっていなくても何かの時に使える汎用性の高いものづくりツールとして考えると、この品質であってもこの金額なら、アリなのかなーと。


(※'17/8/6追記)
現状でAmazonに並んでいる中から比較して、おすすめを一覧にしましたので、こちらをどうぞ。

blog.irimono.com

<スポンサードリンク>