イリモノづくり

デザインは身近に。要るもの作ろう イリモノづくり。

「3丁目と3年坂展」をおこないます。

京都 清水寺の近くに観光名所「産寧坂」があります。

町としては、2つの町にまたがっています。
そのうち一つが「清水三丁目」。


その清水三丁目で、展示をおこないます

3丁目と3年坂展

f:id:o21mokamoto:20200206100203p:plain


清水三丁目にお住まいの人、お勤めに来られている人向けの展示です
今回の活動でつくった本をお渡しします。


外部のかたも、本のお渡しこそできないかもしれませんが、ご覧いただけます。

地域でのデザインや活動に興味があったり、
僕の友人知人のみなさんにはぜひ、
賑やかしにお越しいただけると嬉しいです。

まちの人対象だと、あまり人が来ないような気がするので、。



よければ大学生と一緒にお待ちしてます。



2020年2月8日(土)15:00〜20:00
2020年2月9日(日)10:00〜17:00
@清水会館


本をつくった経緯

f:id:o21mokamoto:20190513113211j:plain

清水三丁目は、清水寺のすぐ近く。
人通りの絶えない観光地ですが、そこに住んでいる方もおられます。

そんな地域の方とご縁があり、活動をしてきました。


blog.irimono.com

ちなみに昨年度は、案内板を描きました。




商売としてはとても良いまちですが、暮らすにはどうでしょう。


常時、人に溢れている場所です。
車はもとより、自転車でスーッと、というわけにもいきません。
アップダウンも多く、買い物も大きな通りまで降りていかないといけません。



高齢化が進んでいて、お子さんは少ないようです。

とにかく観光客の人が多いので、いろんなお店が出ています。
地価は上がります。
相続するのも大変という話も、耳にしたことがあります。



清水寺に向かう道だという土地柄、これまでの歴史的にもいろんな人が関わり、いろんなお話が生まれました。
口頭伝承されてきたものも多いようです。


今後、世代が変わったときに、この受け継がれてきた話が消えてしまうんじゃないか。
このまちの魅力を残していくべきだという、まちの人の想いから活動の内容が定まっていきました。


そうして、
歴史を残し、伝えるための「」をつくることになりました。
本だけではなく、「ボードゲーム」もつくることになりました。


ボードゲームをつくることにしたのは、情報の伝達を、本以外のもので行ないたいと考えたからです。
「遊びながら」だとか体験しながら「わかる」ようになるといいなあと。


本とボードゲームをつくりました。

f:id:o21mokamoto:20200205142758j:plain

本と、ボードゲームをつくりました。


「三年坂と。」

f:id:o21mokamoto:20200205144255j:plain

本はA5サイズ60ページになりました。
「三年坂と。」というタイトルです。



f:id:o21mokamoto:20200205143542j:plain

まちに関する歴史や云われを書いています。


f:id:o21mokamoto:20200205143552j:plain

せっかく芸大生が取り組んでいるので、堅くなりすぎないように。



「三年坂の三年すごろく」

f:id:o21mokamoto:20200205142736j:plain

ボードゲームをつくりました。
すごろくです。


f:id:o21mokamoto:20200205143111j:plain

三年坂・清水三丁目を調べていくうちに出てきた、ゆえんのあるキャラクターたちが主人公。


「三年坂で転ぶと3年で死んでしまう。」という云われがあります。
あろうことか、転んでしまったキャラクターたちが、3年以内に道を滑りにくい石畳に換えていく、というゲーム。


f:id:o21mokamoto:20200205143308j:plain


三年坂の歴史や云われを知ることもできます。
本のページとも連動していて、より詳しく知ることができるようにもしています。


歴史、歴史、とならずに、普通に遊んで楽しいゲームを目指しました。
また、友人知人のみなさま、一緒に遊んでやってください。


ちなみに、これを機に、個人的にもゲームがつくりたくなりました。
難しいけどつくるの楽しい。



お待ちしてます。

f:id:o21mokamoto:20200206110617p:plain


f:id:o21mokamoto:20200204170555j:plain

「3丁目と3年坂展」
どうぞお待ちしておりますー。