イリモノづくり

デザインは身近に。要るもの作ろう イリモノづくり。

イオンモールKyotoでイベントをすることになりました。

イオンモールKyotoでイベントをすることになりました。
京都造形芸術大の大学生が。



10/19土-20日、京都駅前のイオンモールです。



京都文化小路

京都文化小路」と名付けた、ワークショップや展示のあるイベントです。


f:id:o21mokamoto:20191011175946p:plain


イオンモールに『突如現れるこの場所に、足を踏み入れ、京都の文化に触れたらば、帰る頃には京都がもっと好きになるハズ。』




「京焼編」


第一弾の今回は、「京焼編」です。

近年では、あまり僕たちの身近にあるわけではない伝統産業

それを身近に感じてもらうにはどうすればいいか、頭を悩ませて考えました。




1.職人さんと一緒に、ろくろ体験をしよう


ワークショップのひとつ。

京焼の職人さんと直接関わりながら「ろくろ体験」をすることができます。
なかなか無い貴重な機会です。


f:id:o21mokamoto:20191011180156p:plain

京焼のつくり手と、そしてつくる工程に触れることで、陶器の見かたが変わるんじゃないでしょうか。




2.サコッシュづくり - 京焼スタンプ


スタンプします。京焼で


一見ふざけた内容ですが、いたってマジメに考えました

眺めるだけで終わらずに、京焼の手ざわりを直に感じましょう
どんな形で、どんな凹凸の質感があるのか、しっかり見てましょう。

頭で考えるのではなく、なにかこれまでとは違ったものが感じられると思います。


f:id:o21mokamoto:20191011180847p:plain


なにより、楽しいです。

f:id:o21mokamoto:20190926202835j:plain




自分なりのパターンを描いて、オリジナルサコッシュをお持ち帰りいただけます。




3.サコッシュづくり - シルクプリント

こちらもオリジナルのサコッシュづくり。




サコッシュにシルク印刷するワークショップです。


f:id:o21mokamoto:20191011181015p:plain



刷るのは、このイベントのメインビジュアルです。

f:id:o21mokamoto:20191011181502p:plain

京都の伝統産業に使われている模様からインスピレーションを受けた、京都文化小路パターンです。



試験的に、僕も自分のトートバッグに刷ったりしましたが、なにげにとても気に入っています。30代の男が持っていても大丈夫。かわいい。いいかわいさ。



展示もあります。

京焼についての解説展示などもあります。

みんなでバルーンに色をつけるコーナーもあります。

お子さんも楽しめると思いますが、むしろ大人が新しい発見をしながら楽しめるイベントだと思います。それを目指しています。

ぜひお越しください!


kyoto-aeonmall.com


そしてよければ、
はてブやSNSなどで拡散・シェアいただけると、とても嬉しいです!
よろしくお願いします。