要るもの作ろう イリモノづくり

デザインの話を中心に書いています。デザインは身近に。

繕うキッカケ作ろう

ひょんなことから、糸巻きをデザインしています。
糸巻きって、普段耳にしない単語ですが、あれです。糸が巻かれている円筒状のプラスチックであったり、厚紙であったりする、あれです。



糸巻きをデザインすることになったきっかけですが、東京のデザインフェスタで、大学繋がりの方々と一緒に商品を出品することになりました。
十数人で、全員ではないにせよそれぞれが商品をデザインして出品するので、色んなものが出来上がるのかなと思います。


そこに僕は、糸巻きをデザインして出品することになりました。
まだ完成していませんけれども。


僕たちのブースのテーマは「Nature」ということだったので、そこから発想を始めました。

f:id:o21mokamoto:20160415201226p:plain

個人的なコンセプトは、「繕うキッカケ作ろう」になりました。
毎度ながらの語呂合わせです。



ふと気づけば、必要なものは、何も考えずに購入する生活になっていますが、必要なものは自分たちで生み出す暮らしが理想です。
自分たちで生み出すためには、どうすれば良いのか。
生み出し始めるためのキッカケを提供すれば、敷居が下がるんじゃないかと考えました。
自分たちの好きな雑貨を部屋に飾っているように、生み出すための道具や材料が飾ってあったら、それを使おうとする敷居が下がるんじゃないかと。


今回のデザインフェスタでは、「飾れる糸」を作ることにしました。
糸は、それ自体がカラフルで、並んでいるだけで魅力的なものだから、飾りたくなる糸巻きがあれば、飾ってもらえるんじゃないかと思ったわけです。

飾れる糸巻き

f:id:o21mokamoto:20160415202103j:plain

それが飾れる糸巻き「Noo」です。
Noo…ヌウ…縫う…。


2種類のNooを考えました。
ミシン糸のタイプと、手縫い糸のタイプ。

手縫い糸のNoo

手縫い糸のタイプは、厚紙の糸巻きです。
あれやこれやと考えてみて、動物の形にすることになりました。
Nooが集まればZooになる、的な。

f:id:o21mokamoto:20160330205259j:plain

試作品だもんで、糸の色がゾウの色ではありませんが、動物の色の糸なら、外れたボタンを付ける時でも、これまでに無かった思い入れや想像が働くんじゃないかと。


f:id:o21mokamoto:20160415202735p:plain


NooをZooにするために、動物の種類を絶賛、増やしております。

ミシン糸のNoo

もう一つの糸巻き、ミシン糸の糸巻きは、紆余曲折の結果、端材を使うことになりました。
知り合いの木工作家さんにいただいた、木っ端(こっぱ)という木の端材を使います。

食器や家具を作るための木の端材が、糸巻きとして、飾られながら暮らしに寄り添う姿は素敵ではないかと思います。

糸巻きにしようと、長さをカットして穴を開けていると、思いがけず、なかなかに素敵な一輪挿しもできました。

f:id:o21mokamoto:20160415203223j:plain

嬉しい副産物です。
さっそく玄関にでも飾ることにします。


使われている木が良いからか、端材という不定なものが良いからか、糸巻きの風合いも素敵なものになりそうです。

f:id:o21mokamoto:20160415203516j:plain

円筒状じゃなくても、ミシンで糸が使えました。
質の良い木材だということを伝えるために、パッケージは少しすっきりとしたものにしようと思います。

[f:id:o21mokamoto:20160415203710j:plain,w450]

Nooだけに、糊付けせずに、縫ってみました。



まだ完成していないので、どう仕上がるかがわかっていませんが、より良い改良ができればよいなと思います。