イリモノづくり

京都滋賀でデザインしてます/要るものつくろうイリモノづくり/アカペラ好き

はいる、まる、あつめる

視点ノート構想の第一部も、そろそろ終盤。

オトマノペの方も、ネタ集めをしていかないと。

というか、

いつまでもブログに書いてても仕方ないし、

ノートに書いていかないと。

はいる

外と内の間にある、境界を内側に向けて越えて移動する。

京都に見られるような、

碁盤の目の通りから、奥にのぞく場所には、

左右に塀を持つ小路を入っていく。

扉一枚隔てて入るのとは異なった、

徐々に入っていくという感覚が存在する。

空間は続いているにも関わらず、世界が変わっていく。

まる

静止している状態での形状に関わらず、

回転するものの、任意の点が描く軌道は、円となる。

常に回転している、この地球上において、

今、存在しているこの場所も円を描いている一つの点である。

暦や、季節など、幾度と無く訪れるものもまた、

円を描いているのだろうか。

あつめる

建築物の中に飾られた花は、

自然の中にある花以上に、華やかさを増す。

そのような一面をもつ。

人工的な素材や質感、形状による直線的な周囲環境に対して、

有機的な形態、質感、色、香りなどが強調され、

視線が集まり、五感の意識が集中する。

理性では判断されない、感性的な刺激を含んだ空間を演出する。