要るもの作ろう イリモノづくり

デザインの話を中心に書いています。デザインは身近に。

おおう、まとう、しめす

おおう

工事現場では、

一枚の布で周囲を覆い囲うことによって、

内から外に対して、危険を防止する。

逆に、

外から内に対して、視線を遮ることにより、

周囲の景観を損なわないようにしている、とも考えられる。

ただ一枚の布により、

空間の中の境界となり、内と外が生まれる。

まとう

基本的に同じ構造であっても、

まとう色、まとうテクスチャによって、

差異が生まれる。

その差異がアイデンティティーである。

類似した要素があることにより、

統一感が生じ、個と個だけではない、空間が生まれる。

全体として優れた景観になることで、更に他との差異が生まれる。

しめす

街中の至る所に、ノイズのように看板が溢れている。

視覚情報によって、

ここに何かがあるというサインを伝えようとして、

伝えることを競い合う。

文字や絵が無くとも、

凹凸という触覚のみで、

何かがあるというサインを作り、

伝えるデザインも可能である。

つってね。

毎度ながら、視点ノート草案。