要るもの作ろう イリモノづくり

デザインの話を中心に書いています。デザインは身近に。

10年目の答え




【お知らせ】
※「裏紙ノート」というノートをつくりました。良ければこちらの記事も、どうぞご覧ください。→裏紙ノートという、アップサイクルしていくノートをデザインしました。

IMG_4134

コネクタスのブログの方にも書いたけど、

昨日は、元々予定してたライブイベントが中止になったものの、

メンバーの知り合いの方3人が来てくださったので、

その方達へのプチライブ。

こうやって何回も書いてるのは、

感じたことがやっぱり大きかったからで。

このプチライブ自体、

急遽決まったっていうこともあったので、

できることって限られてはいるけど、

その中で色々準備・練習。

見てくれる人のことを考えての自分たちに出来るプレゼント。

どうしたら喜んでもらえるのか?

どうしたら楽しんでもらえるのか?

そんなことを考えて、

曲やら内容やら場所やらを準備してる時間がもうすでに最高で。

歌ってる時ももちろん楽しくて。

10年間。

こうやってアカペラ続けてるけど、

歌い続けてるくせに、

個人的には、自分たちのライブって、需要なんて無いって正直思ってるところがあって。

プロでもないし、プロ級の歌唱力でもない。

歌ってる時に見てもらえるのは、

アカペラが珍しいから、とか、

声だけってスゴいから、とか、

知り合いが歌ってるから。

とか、そんな考え方してしまう冷めた人間。

だから、なんとか魅力をもちたいと思って、

気に入ってもらえるような、

お客さんのこと考えたステージングを考えたりしてた。

そんな中で、

昨日のイベントはある意味では自分の中ではすごい大きな転換。

自分たちを気に入ってもらえるように喜んでもらえる演出、じゃなくて、

自分たちのライブを、わざわざ見てくれる人のために、

満足してもらえるものを提供したい。と。

楽しんでもらいたいし、

充実した時間であって欲しいし、

感動してもらいたい。

「なぜ10年もアカペラしてるのか?」

っていう、自分での問いの、

現状での答えとして、

僕にとってのアカペラは、

上手く歌うことよりも、

寸分違わずハモることよりも、

自分を含め、その場に居る人たちみんなが楽しんで、

喜んでもらえて、満足いく時間を過ごしてもらうっていう目的のための方法である。

と。

もちろん上手くなりたいけどもさ。