読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イリモノづくり

要るものつくろう。イリモノづくり。デザインしてます。

what a wonderful world

アカペラ

"what a wonderful world" (14karat soul)

思い出が確かなら、初めて歌ったアカペラの曲。

大学1回生の春、

アコースティックサウンドクラブに入って、

初めてのアカペラがこの曲でした。

最初っからベース志望だったわけで、

他にベース志望の一回生も居なかったわけで、

すんなりパート決定。

ベースの先輩はこの、14karat soul的なベースをされる方だったので、

特にスタイルを意識することも無いままに、

ベースっていうのはそういうものとして、歌ってたわけです。

音源を入れたMDを通学途中の自転車で聴き、

家に帰ってきては、イヤホンのほうが音取りしやすいということもわからず、

コンポのスピーカーに耳を押し当てて音取り。

確か最下音が、低いミだったと思うんですが、

その頃にはまだ低すぎて、音とという音では出せず、

必死に低い声を出そうと苦労してた日々やった気がします。

最後のwonderful〜のリズムも苦労したなぁ。

14karat soulはいわゆる単純な和音が多いように思うわけですが、

その中でも日本人に馴染みが深いであろうこの曲は、

日本アカペラサークル界のスタンダードだろうと思っていたのに、

滋賀県立大のサークルでしか歌ったり聴いたりした記憶が無いことを考えると、

そうでも無いっぽいですね。

基本曲としては、バッチリやと思うんやけどな。