要るもの作ろう イリモノづくり

デザインの話を中心に書いています。デザインは身近に。

時代のシフト




【お知らせ】
※「裏紙ノート」というノートをつくりました。良ければこちらの記事も、どうぞご覧ください。→裏紙ノートという、アップサイクルしていくノートをデザインしました。

大量生産の時代が終わって、多品種少量生産の時代へと移行してきている、とかいうことは、

学生時代に教科書か何かで習っていたことではあったけど、実感することは無かったわけです。

個人的には、

一般消費者の実感レベルで、ようやく移行のターニングポイントに来たんじゃないかと。

今後の日本人口は何らかの政策を大規模に行わない限り、減少する一方であるし、

SNSブームからもわかるように「個」の志向を求める価値観の時代でもあるし。

特にインパクトがあったのは、九州新幹線

以前からJR九州はデザイン性の高い車両を作ってこられたということですが、

今回の新幹線「つばめ」で全国的なニュースになったのが、大きなトリガーになるんじゃないか、と。

工業製品にはあまり使われてない自然素材を活かしての内装。

しかも、車両ごとに内装は違うというこだわりぶり。

そんな内容でGOサインを出したJR九州の責任者さん、すばらしい決断。

こういう方向にみんなが少なからず興味を持ち出して、

多品種少量生産へとシフトしていくんでしょうね。

ハード・ソフトに関わらず。

工芸時代→工業時代→工業と工芸のハイブリッド時代

的な時代か。