要るもの作ろう イリモノづくり

デザインの話を中心に書いています。デザインは身近に。

音楽の価格

有名なデザイナーが作った製品っていうのは、価格が高かったりする。

別にそれは良いと思う。

余計なものをそぎ落として洗練させたりだとか、コンセプトをたてて製品に込めたりだとか、価値がそこについているから。

有名な画家が描いた絵画は、手が出ないほど高い。

生存している間はそうでもないのかどうかは知らないけども。

テレビで取り上げられるような、全国・全世界的に有名なシェフの料理っていうのは、他のところよりも高い気がする。

さて、

超有名な歌手が歌っても、

超有名な指揮者が指揮をしていても、

音楽CDアルバムは¥3,000-ぐらい。

itunesにいたっては、1曲¥150-とかで買えてしまう。

なぜに??

とはいえ、

ライブだと歌手によっても、ライブの場所によっても価格に幅がある。

CDは間接的体験になってしまうから、価格が安くて統一されているのか?

そういう理由で、映画やら、レンタルビデオ(今はDVDか)、書籍なんかもある程度価格が決まってきたりするんだろうか。

ターゲットユーザー(音楽業界はユーザーというのか?)によって、

市場価格が必然的に決まっていくんだろうと思うけど、

音楽業界が低迷しているらしい今、ターゲットを絞って、

CDアルバムであろうが価格を変えてみたらどうなるんでしょうね。