要るもの作ろう イリモノづくり

デザインの話を中心に書いています。デザインは身近に。

興味を持ってもらうためには?

興味を持つ、ってことについての話。

興味って、どんなときに持つものなのか?

そりゃあ、人それぞれ違うわな。

にんげんだもの。

ただ、人それぞれとは言え、同じ人間。

そこには何らかの共通項があるんだろう、なんて考えてみる。

専門的なことは全く知らないので、あくまで浅はかな推測。

大半の人達に限っていうと、

「自分が意識的にせよ、無意識的にせよ持っている考えから、

少し違った要素が含まれるときに、興味を持つ」んじゃないだろうか。

興味を持つ、というか、興味を持ちやすい、か。

いわゆる少しの意外性。

この"少し"ってところがポイントであり、

多くの人は、あまりに自分の考えているものから、かけ離れすぎていると、

拒否反応を持ったりすること考えられる。

最近流行りのイノベーションは、根本的な改革だったりするんだろうけども、

イノベーションが大多数の人間にいきなり受け入れられるかといえば、そうでもないんだろう。

ある一部の人達が、改革を起こし、初めは変な目で見ていた人達が、いつの間にやら、ちゃっかり移動する。

イノベーションは重要なことであると思うけども、

差し当たって多くの人に興味を持ってもらうということも、

ビジネスの世界であれ、趣味の世界であれ、人と関わる時には大事なことだろう。

アカペラが声だけで音楽を作るということや、

男なのに歌声がキレイとか、

統一されている色使いの中での差し色や、

自然界には見られない無機的な形状・質感。

こんなことが興味を持たれやすかったりするんだろう。

初めての人に興味を持ってもらうためには?

リピーターの人に興味を持ってもらうためには?