要るもの作ろう イリモノづくり

デザインの話を中心に書いています。デザインは身近に。

愛されるモノって、どんなモノか。

今日は散歩に出かけながら、愛されるモノってどんなモノか、ってことについて考えてみた。

愛されるっていうのは、機能的にも感性的にもマッチするものであって、それらに共通していることは"アイコン"化されているということ。

Appleの製品なんかは、その最たるもので、iphoneipodスマートフォン市場、ミュージックプレーヤー市場でアイコン化されている。

車関係で言うと、国産では日産のマーチやらキューブってのがそれにあたるかな。

海外ではミニクーパー

愛される性能と、愛されるフォルム、これらによる体験。

そんなモノが永く愛されるんやろうなぁ。

今日は、その散歩がてら電機屋さんへ。

持っているので欲しいわけじゃないけども、プロのデザイナーさんの作品が並んでるわけやし、たまにはwebでじゃなく、現物を見ようとカメラ売り場へ。

フォルム、質感、色。

そんなデザイン目線でカメラを見るってことが、これまであまり無かったので新鮮。

各社、個性を出しつつ高級感を出そうとがんばっておられるのですね。

しかしそんな目線でモノを見だすと、意外とディテールが気になる。

ここのRが、とか、ここの表面処理が、とか。

ソニーはすごいと思った。NEX。

はじめて見たときは、個性的すぎるフォルムがあまり好きくはなかったけど、よくみると愛着が湧いてくるし、他のメーカーの機種のデザインよりもディテールにまで手を抜いていない感があった。

参考になるなぁ。

カメラの新たなアイコンか。

アイデアは、粗くてもトンガッたものを。

デザインは、ディテールを。

ふと気を抜くと、アイデアは無難に、デザインはざっくりと、してしまうからね。