要るもの作ろう イリモノづくり

デザインの話を中心に書いています。デザインは身近に。

はんなり




【お知らせ】
※「裏紙ノート」というノートをつくりました。良ければこちらの記事も、どうぞご覧ください。→裏紙ノートという、アップサイクルしていくノートをデザインしました。

京都はなぜ観光地として、外国人だけでなく、同じ国の日本人からも永く受け入れられているのか。そのポイントは何なのか。そんなことを考えてみた。いや、というか、今日は知人にそんな話をしたので、頭の中が少し整理された気がした。

結論から言ってしまうと、"はんなり"。これじゃなかろうか。

そもそも"はんなり"って何なのか?その意味は知らないけども、勝手な僕の解釈としては、上品な中にある柔らかさ、親しみやすさ。こんな感じ。そこに魅力があるために、人々に受け入れられているんじゃあないんだろうか。

カッコ良すぎるだけではダメで、カッコ良さの中に少し愛嬌があったり、可愛らしさがあったりと、いわゆるギャップがあることで魅力が増す。

真面目な中の息抜き、刺激の中の安心、やさしさの中の厳しさ。

一つだけではなぜにダメなんだろう。いや、ダメということはないか。2つあることで一気に奥行きが増えるというイメージなのか。

そんなこんなで、最近のキーワードは"はんなり"だったりするわけ。人を惹きつける"はんなり"。京都っていう特色なだけではなくて、他にも色々と使えそうだ。